【専門家が徹底解説!】たんぱく質は太る?摂取する理想のタイミングなどご紹介します!

・こんにちは、エバーウォークフィットの柳原です!

前回は、太りにくい脂肪・痩せる脂肪についてのお話をさせていただきました!

脂肪はすべて太るものとして考えていましたが、

意外なところで利点があったり、摂取する脂肪によっては体脂肪率の改善効果にも

繋がるので、ぜひ参考にして実践してみてください!

 

さて、本日はまたたんぱく質についてお話をしていきたいと思います!

以前、たんぱく質の摂取が食欲の抑制につながるといったお話をさせていただきました。

 

『たんぱく質っていつどのタイミングで摂取したほうが良いの?』

『タンパク質って摂りすぎると太るんじゃないの?』

こういった何気ない疑問を本日は徹底解剖していきたいと思います!

 

 

結論、たんぱく質は朝摂ると良い!

たんぱく質は、朝食時に摂取するのが一番良いと言われています!

1日3食のうち、夕食~朝食までの食間が一番長く、

朝起きたときにたんぱく質が一番枯渇している状態です。

この間にたんぱく質の供給が滞ってしまう分、筋肉の分解は徐々に進んでいきます。

身体の代謝は様々な臓器から行われますが、そのうちの20%程度は筋肉です。

たった20%程度ですが、この筋肉の分解によって代謝量は知らず知らずのうちに低下していき、

気づけば太りやすい体質へと変化していくのです。

そのため、朝食では十分な量のたんぱく質を意識的に摂取することが重要とされています!

またたんぱく質を多く摂取することで

小腸から食欲を抑制させるホルモンが働き、食欲を自然と抑えてくれます。

(前回この食欲抑制ホルモンの紹介をしているので、良ければ見てみてください)

なので、ダイエットをしたいけど食べたい衝動に駆られたり、

甘い物を食べたい衝動に駆られて困っている方は、

ぜひ甘さのあるプロテインや豆乳、

またはコンビニで販売しているサラダキチンを食べることをおススメします!

 

たんぱく質って摂りすぎると太る?

『たんぱく質って摂りすぎると太るんじゃないの?』

 

たまにこういったお話を聞きます。

たんぱく質は1gにつき4kcalあり、

一日の基礎代謝量以上の摂取をしてしまうと体重の増量に繋がりますが、

基本的に基礎代謝内のカロリーの範囲内での摂取に関しては、全く問題はありません。

摂取量の目安としては最低でも、

1日当たりの必要摂取タンパク質量=体重×1g

の摂取は必要であり、これを下回ることで冒頭でもお話したように

筋肉の分解が始まり、太りやすい体質へと変化していきます。

 

ある論文研究の結果によると、

朝食をいつも通り変わらず、摂取した群と

朝食を卵3つのたんぱく食メインの食事に切り替えたときに

総脂肪量が通常時よりも5倍減少したというデータがありました!

なので、たんぱく質の積極的な摂取は体重の減少につながるのでお勧めです!

また、女性の場合は綺麗なボディラインになりたいと言った方が多いので、

『たんぱく質を摂取すると筋肉がついてしまって心配…』

と、プロテインなどのたんぱく質を摂取することに不安を抱いている方も中には居ます。

安心してください、遺伝などの体質的な要素ももちろん含んでいますが、

女性の場合、女性ホルモンの関係で男性と比較して筋肉は肥大しづらいです。

また女性の場合、皮下脂肪が溜まりやすい体質の方が多いです。

なので、たんぱく質を摂取することで皮下脂肪の減少につながり、

全体的に引き締まった体型を作り出すことが出来るので

是非とも摂取したいところですね!

 

まとめ

①タンパク質は1gにつき、4kcalあり、最低でも体重×1gの摂取が必要

②たんぱく質の積極的な摂取は体脂肪の減少につながる!

③たんぱく質の摂取は朝が望ましく、食欲の抑制効果としても有用!

最後に

いかがでしたか?

本日は前回に引き続き、たんぱく質の利点や摂取するタイミングについて

ご説明させていただきました!

次回は、

『植物性たんぱく質・動物性たんぱく質のそれぞれ栄養成分と摂取の利点』

についてご説明をしていきたいと思います!

いつも文字を書く上で、文字数を気にしているのですが

たんぱく質について語らせると気づけば文字数がオーバーしていることも

しばしばあるので、時間も程々に語らせていただきます。(笑)


エバーウォークフィット
半蔵門線、総武線『錦糸町駅』より徒歩8分
TEL03-6240-9231
理学療法士常駐の新感覚フィットネス!
ぜひ一度無料体験にお越し下さい。
無料体験予約はこちらから。
相談のみでももちろんokです!

エバーウォークフィット公式youtubeチャンネル

 

関連記事

  1. あなたのその肥満、もしかすると水太りかも【水太り解消に効く食…

  2. 変形性膝関節症と運動の関係性とは?#37

  3. 豆乳を飲んで綺麗な身体になろう! 【豆乳が痩せやすい理由につ…

  4. 認知症予防にはコグニサイズが効果的! ♯50

  5. 【身体の専門家が徹底解説!】治らない太もも太りをストレッチで…

  6. 痩せて筋肉がつく油!? MCTオイルの徹底解剖!!#58

PAGE TOP