運動は筋肉を増やすだけではない!精神面に関わる意外な効果とは?

「運動するとなんとなくスッキリする」

という声はエバーウォークフィットで運動を終えた方々から良く聞かれる声です。

筋力トレーニングやランニングなどの運動を行うことで気分がスッキリするのには理由があるのです。

“筋力トレーニング=筋力アップ”

はもちろん間違いではありません。が、筋力トレーニングの別の効果を見ていきましょう。

運動することで体内では何が起きているのか?

運動時体内では何が起きているのでしょうか?

運動を行うと、体内でホルモンが分泌されます。

・インスリン様成長因子
・成長ホルモン
・セロトニン

 

運動の強度にもよりますが主にこの3つのホルモンが分泌されます。

1つめのインスリン様成長因子という物質は体内でたんぱく質の合成に大きく関与すると言われています。
そのため筋肉量の維持や増加に重要な物質です。
運動後2~3時間で分泌が盛んになると言われているため運動直後のタンパク実摂取が推進されています。

2つめの成長ホルモンは聞き覚えがある方も多いと思いますが、身長を伸ばす・筋肉を増やすなどの骨や筋肉に対する作用のみでなく、代謝を上げる、アンチエイジングなどの効果があります。

3つめのセロトニンは通称幸せホルモンと呼ばれる程、幸福度に関与するホルモンです。

セロトニンは体内で自律神経の調節、不安など精神的な面の調節を行っています。

そのためこのセロトニンが不足するとうつ傾向になってしまったり精神的に不安定になってしまいます。セロトニンは精神面を整えるためにとても重要なホルモンなのです。

このセロトニンや成長ホルモンが分泌されることで、運動後スッキリとした気分になることに繋がります。

成長ホルモン・セロトニンを分泌するために最適なトレーニングは?

心身を安定させる成長ホルモン・セロトニンの分泌を増やすためには低〜中負荷の有酸素運動が有効と言われています。

そのため、ランニングや水泳、スクワットなどがオススメです。

中でもスクワットは下半身の筋肉も効果的に鍛えることができ、負荷も適度なため運動に慣れていない方でも行うことができます。

スクワットの方法は以下をご参照ください。
基本的なスクワットの方法
初心者でも簡単に行えるスクワットの方法

運動やスクワットに慣れていない方は下のスクワットが簡単に行えるためオススメです。

まとめ

⚫︎運動を行うと体内でホルモンが分泌される。
⚫︎その中でも成長ホルモン、セロトニンは精神の安定に大きく関わる。
⚫︎運動の中でも低〜中強度のスクワットがオススメ。

—————————————————-
エバーウォークフィット
理学療法士常駐の下半身のトレーニングに特化した新感覚フィットネス!

無料体験予約はこちらから。お気軽に身体のお悩みをご相談ください。


執筆者
水野 純一
店舗マネージャー
整形外科に勤務する傍ら、パーソナルトレーナーとしても活動しプロサッカー選手やモデルなどをクライアントに持っていた。また、セラピストや一般の方向けにセミナー講師も行っている。
○理学療法士
○PHIピラティス公認インストラクター
○スポーツフードスペシャリスト

関連記事

  1. スクワットの効果を高める食事・頻度とは?

  2. あけましておめでとうございます!

  3. 変形性膝関節の予防には股関節周りの筋肉も大事!5分で簡単に行…

PAGE TOP