上半身の筋肉をより鍛えたい方にオススメ!ツイストスクワットとは?

「脇腹のお肉が気になります、、、」

脇腹についてしまったお肉を落とすためには、食事制限はもちろんですが効果的なトレーニングを行う必要があります。

そこで今回は下半身の筋肉も鍛えつつ、上半身の側面の筋肉を鍛えることができるスクワットをお伝えいたします。
捻りながら行うため「ツイストスクワット」というスクワットです。

ツイストスクワットで鍛えることができる筋肉とは?

このスクワットで鍛えることができる筋肉は、体幹部の側面に位置する
・内腹斜筋(ないふくしゃきん)
・外腹斜筋(がいふくしゃきん)
という筋肉です。

その名の通り腹部周辺を斜めに走行する筋肉です。

この2つの筋肉はお互い身体を捻る動きに関与する筋肉です。

・内腹斜筋は体幹部を同方向に回旋させる作用
(右の内腹斜筋が働くと体幹部を右に回旋させる)
・外腹斜筋は体幹部を反対方向に回旋させる作用
(右の外腹斜筋が働くと体幹部を左に回旋させる)

それぞれこのような役割があります。
外腹斜筋の奥に内腹斜筋が位置し、内腹斜筋はインナーマッスルの1つである腹横筋と同じように腹圧を高める作用があります。

そしてこれらの筋肉を鍛えると体幹部の横のムダな贅肉を落とすことに繋がります。

ツイストスクワットの方法

①両足を腰幅に広げ両手を頭の後ろで組みます。

②股関節を曲げ、お尻を下に落としていきます。

③右肘を反対側の左膝に付けます。

④左肘を反対側の右膝に付けます。

Point
・身体を捻る際に息を大きく吐きながら行う。
→大きく息を吐くことで身体の深部の内腹斜筋がより働きます。
・身体を捻るときに反動をつけない。
→身体を捻る際に反動をつけてしまうと腰痛に繋がってしまう恐れがあるので反動は
つけずに行いましょう。

まとめ

・体幹部の側面を斜めに走る腹斜筋は身体を捻る作用があり、腹部の引き締めに効果的。
・身体の捻りを入れたスクワットを行うことで下半身の筋力を鍛えつつ腹斜筋を鍛えることができる。

執筆者
水野 純一
店舗マネージャー
整形外科に勤務する傍ら、パーソナルトレーナーとしても活動しプロサッカー選手やモデルなどをクライアントに持っていた。また、セラピストや一般の方向けにセミナー講師も行っている。
○理学療法士
○PHIピラティス公認インストラクター
○スポーツフードスペシャリスト

関連記事

  1. スクワットの際、首が痛くなってしまう方の原因とは?

  2. 変形性膝関節の予防には股関節周りの筋肉も大事!5分で簡単に行…

  3. 理学療法士が推奨!膝痛・腰痛に効果的なスクワットの正しい方法…

  4. お腹のインナーマッスルである腹横筋を鍛えるスクワットとは?

  5. 『立ち上がるときに腰が痛い。。。』そんな方にオススメのスクワ…

  6. あなたも他人事ではないかも?サルコペニアとはどんな現象?

PAGE TOP